HOME > 一般の方へ > 白内障の薬物治療
白内障の薬物治療
現在、白内障を治す薬物は残念ながらありません。しかし、白内障に予防効果がある薬として、現在日本では以下の薬が認可され、病院で処方できます。
実際には、現在ほとんどの眼科においては、ピレノキシンまたはグルタチオン点眼液のみ処方されています。(内服薬は、古く承認された薬剤であり、現在の基準でみるとその効果には科学的根拠が証明できていません。)
現在使用可能な抗白内障薬
点眼液
•ピレノキシン(カタリン®, カリーユニ®):白内障惹起物質であるキノイド物質の水溶性タンパクへの結合を競合的に阻害
•グルタチオン(タチオン®):抗酸化作用
内服
•チオプロニン(チオラ®):タンパク質不溶化抑制作用
•唾液腺ホルモン(パロチン®):タンパク質不溶化抑制作用
ピレノキシン(カタリン®)点眼液に関しては、程度の軽い皮質型の白内障に使用した場合に、白内障の進行を遅らせる効果があったことが、2004年にポーランドと金沢医科大学との共同研究で報告されています。これは、59歳以下の群で、混濁面積20%以下という初期の皮質白内障に対しピレノキシン点眼治療を開始した場合、投与後18ヶ月目において、コントロール群と比較して白内障進行の抑制効果がみられたという結果でした。ちなみに混濁面積が20%よりも大きい皮質白内障や、核白内障、後嚢下白内障、60歳以上の白内障群では進行抑制効果が確認できませんでした1)
現在承認されているこれらの点眼薬に関しては、点眼開始時期、投与開始年齢など、使用条件の再検討をすることが必要になってきています。

今後、高齢化により白内障患者は増加します。医療費の削減、白内障術後の合併症による視力低下の予防、生活の質の向上、保持のためにも、薬物による白内障進行抑制による手術時期の延長が必要です。よって、白内障治療および予防薬の開発が望まれています。

1) Kociecki J, Załecki K, Wasiewicz-Rager J, Pecold K. Evaluation of effectiveness of Catalin eyedrops in patients with presenile and senile cataract. Klin Oczna. 2004;106(6):778-82. Polish.
 
日本白内障学会
〒468-0063 愛知県名古屋市天白区音聞山1013(有)ヒズ・ブレイン内
TEL:052-836-3511 FAX:052-836-3510
Copyright© 日本白内障学会 All rights reserved.