HOME > 一般の方へ > 白内障自己診断テスト
白内障自己診断テスト
白内障は目の中の水晶体(ピントを合わせるレンズの役目をする部分)が濁る病気です。
水晶体の濁りにより、いろいろな症状が現れます。
このページではQ&A方式での白内障自己診断テストを提供します。
質問①:目が見にくく、不自由を感じる。
水晶体の濁りの進行により、視力が低下します。ただし、白内障以外の目の病気でも視力を低下する場合があります。
質問②:左右の目の見え方の差が大きい。
白内障は片目から進行する場合と、両目ともに進行する場合があります。片目のみの進行では視力低下に気が付かない場合があります。時々、左右の目を交互に隠して、見え方を確認しましょう。
質問③:明るい場所や日差しの強い場所にいると、異常にまぶしく感じる。
水晶体の濁りが瞳の中心にかかると、光が反射することでまぶしさを感じます。特に後嚢下白内障では屋外や逆光の状態でまぶしさを強く感じます。
質問④:目がかすんで見えにくい(霧がかったように見える)。
白内障の一般的な症状であり、最も頻度が多い皮質白内障でみられます。
質問⑤:片目で見たときに、モノがダブって見える(二重、三重に見える)。
水晶体の不均一な濁りにより、ダブって見える症状がみられ、核白内障で多くみられます。白内障では片目でダブって見えるのが特徴で、両目で見たときにダブって見える場合はその他の病気が考えられます。
質問⑥:近くのモノが見えやすくなった(老眼鏡が不要になった)。
水晶体の真ん中が濁る核白内障タイプでは、近視の傾向になり、老眼が治ったように感じる場合があります。また、核白内障による近視が進行すると、眼鏡がすぐに合わなくなってしまいます。
質問⑦:眼鏡を替えても見にくい(眼鏡を作ることができなかった)。
眼鏡により矯正できるのは近視、遠視、乱視、老眼等の屈折異常のみです。白内障は水晶体の濁りであり、眼鏡では改善しません。
質問⑧:自動車の免許更新が行えなかった(免許所有者のみ)。
普通自動車免許の視力基準は、両目で0.7以上です。白内障は進行がゆっくりであり、視力低下を自覚しない場合があります。視力検査で免許が不合格になった場合は、視力が0.7より悪くなっています。
質問⑨:見え方に異常はあるが、目の痛みや充血はない。
水晶体には神経や血管がないため、白内障では痛みや充血が起こりません。
質問⑩:貴方の年齢は50歳以上である。
白内障の主な原因は加齢であり、50歳代で37~54%、60歳代で66~83%、70歳代で84~97%、80歳以上では100%みとめられます。ただし、まれに若年者にみられる白内障もあります。
上記の質問に2~3つ以上当てはまる場合は、白内障の可能性があります。眼科受診することをお勧めします。
日本白内障学会
〒468-0063 愛知県名古屋市天白区音聞山1013(有)ヒズ・ブレイン内
TEL:052-836-3511 FAX:052-836-3510
Copyright© 日本白内障学会 All rights reserved.