HOME > 一般の方へ > 白内障を予防するには
白内障を予防するには
白内障は、加齢=エイジングによるものですが、紫外線や酸化ストレスが大きな原因となります。また酸化ストレスの原因となる喫煙や、糖尿病や薬物(副腎皮質ステロイド、向精神薬、不整脈治療薬;アミオダロン、高脂血症薬;スタチン, 縮瞳薬)も大きな原因となります。よって以下の予防法が現時点では有効です。
  1. 禁煙そして糖尿病、高血圧、高脂血症、心血管系疾患などの疾病予防、白内障の原因となる薬物を摂取しないようにするために心身の健康を保つこと。
    体内での酸化ストレスの産生を予防しましょう。
  2. 抗酸化効果の高いビタミンを多く含む野菜や果物を毎日摂取する。食事で十分に摂取できない方は、マルチビタミンやルテインなども白内障予防に有効との報告があります。
    酸化ストレスを消去する抗酸化物を摂取して、体内の抗酸化力を高めましょう。
  3. 眼部の紫外線被ばくを避けること。
    紫外線対策は、夏場だけではなく一年を通して必要です。天気が良い日には帽子やサングラスによる眼部紫外線予防は重要です。とくに朝晩や秋、春の紫外線はメガネの横から反射して眼部に入ってくるといわれています。
    つばの長い帽子やサイドからの紫外線対策効果のあるサングラス、紫外線カット効果のあるソフトコンタクトレンズが、眼部紫外線暴露の予防には有効です。

  4. 眼部の外傷を避ける。
    眼の打撲や怪我でも白内障になります。
  5. 放射線、赤外線被曝をさける。
    チェルノブイリなどの原発事故、原爆による白内障のみならず、心臓カテーテル治療を行う医師には白内障発症が多いことがわかっています。
 
日本白内障学会
〒468-0063 愛知県名古屋市天白区音聞山1013(有)ヒズ・ブレイン内
TEL:052-836-3511 FAX:052-836-3510
Copyright© 日本白内障学会 All rights reserved.