HOME > 一般の方へ > 白内障の症状とメカニズム
白内障の症状とメカニズム
目はカメラに例えられることが多いですが、目の中には水晶体という、カメラでいうレンズにあたるものがあります。白内障は、その水晶体が濁って来る病気です。
●見え方が悪くなる、かすんで見える、目が疲れる
水晶体の濁りの位置や程度によって見え方が違います。水晶体の周りの部分が濁っても視力などには影響がありませんが、水晶体の中央が少しでも濁ると、見え方が悪くなったり、かすんで見えたり、ピントが合わなくなったりします。
白内障の見え方
正常の図
白内障模式図
無理して見ようとするために目の疲れを感じることもあります。白内障が進行してしまうと、目の前で手を振る程度しか分からなくなったり、明暗だけが分かる程度になります。濁った水晶体が目の中に入る光の量を少なくしてしまうためですが、汚れたレンズのカメラで撮った写真とか、汚れたレンズのメガネを通して見るとかしたときのことを思い浮かべると分かりやすいでしょう。レンズの汚れの程度や位置によっての様々な見え方を考えてみて下さい。
●まぶしい
 水晶体の濁りが瞳のあたりにあれば、まぶしさを感じたり、明るい光のもとでは見えにくくなります。
白内障の散乱
また夜に運転する場合、対向車のヘッドライトがまぶしすぎて、一瞬、全然見えなくなって危険なこともあります。水晶体の濁り光が当たって、いろいろな方向に散ってしまうためと言われています。
●二重、三重に見える(複視といいます)
 白内障になると、ものが二つや三つに見えたりすることがあります。その場合は片方の目で見たときに感じられます。水晶体の濁りが偏っていて水晶体が変形したりして歪んだレンズから見ることになり、乱視と言われる状態が強くなり、複視を感じます。また、水晶体の瞳の中央に濁りが出た場合に濁りが目の中に入る光をその濁りの周りに二つに分けたりすることもあると考えられています。
●近くが見やすくなる
 近くが見やすくなると言うよりも、近眼になったようになることがあります。近眼というのは遠くが見えにくく、近くがよく見えると言う状態です。老眼だった人が老眼が治ったような感じになります。水晶体の真ん中の水晶体核という部分に白内障が起こり、それが近眼の人の水晶体とよく似た作用をするからと考えられています。
●瞳が白い
 瞳の辺りが白くなっている原因の一つに白内障があります。その白内障はとても進行した白内障です。水晶体が完全に濁ってしまうと白くなります。それが瞳のところに見えているのです。
●目の鈍痛、頭痛が起こったりする。
 白内障で水晶体が厚くなってくることがあります。この場合、緑内障のような症状を起こすことがあります。目のかすみと共に、目の鈍痛、頭痛、充血が起こります。厚くなった水晶体が目の中の水の流れを妨げていて、水がたまりすぎて目の中の圧力が高くなっているためです。
 
日本白内障学会
〒468-0063 愛知県名古屋市天白区音聞山1013(有)ヒズ・ブレイン内
TEL:052-836-3511 FAX:052-836-3510
Copyright© 日本白内障学会 All rights reserved.