HOME > 一般の方へ > 前嚢収縮・後発白内障
前嚢収縮・後発白内障
白内障手術を受けると、白内障以外の病気が無ければ、ほとんどの患者さんで見え方(視機能)が改善します。しかし術後しばらくたって、視機能が低下してくることがあります。その原因として後発白内障と前嚢収縮があります。これらは術後発生頻度の高い合併症ですが、通常、通院による外来治療で良くなります。後発白内障と前嚢収縮の原因と治療法についてご紹介します。
1. 後発白内障
① 原因
 水晶体は水晶体嚢という透明な袋に包まれています。近年行われている白内障手術では、水晶体嚢の前面(前嚢)を円形に切開し、嚢の中身を超音波で破砕吸引し、残した嚢の中に眼内レンズを挿入します。術後しばらくすると、嚢の中に残っている水晶体の細胞が増殖して水晶体嚢を濁らせてしまい、進行すると視機能が低下します。これを後発白内障といい、術後5年で約20%の患者さんに発症するといわれています。点眼薬の使用や眼内レンズの形状を工夫することで進行を遅らせることが可能になってきましたが、現在のところ完全な予防法はありません。
② 治療
 レーザーを用いて濁ってしまった水晶体嚢に孔を開け、眼内に光が入るようにすることにより視機能を改善します。レーザー治療は痛みも無く、短時間で終わりますので、外来通院での治療が可能ですが、程度の強い場合は入院による手術加療が必要になることもあります。治療後はレーザーで破った嚢の破片が目の中に散らばるので、ゴミが飛んでいるように見える「飛蚊症」という症状が出ることがありますが、徐々に改善します。まれに炎症や眼圧上昇、網膜剥離などの合併症を起こすことがありますので、治療後、痛みやかすみなどの症状が出た場合には担当医に相談しましょう。後発白内障は一度治療すれば再発は稀です。
2. 前嚢収縮
① 原因
 前述の白内障手術時、円形に切開した水晶体嚢の窓が、術後小さくなる状態を前嚢収縮といいます。これは切開窓の周囲に残った水晶体の細胞が炎症反応によって線維性の細胞に変化、増殖し、巾着絞りのように切開窓を狭くしてしまうことにより起こります。前嚢収縮は術後6ヶ月以内が最も進行しやすいと言われていますが、通常ほとんど視機能に影響しません。しかし、瞳孔の中心部分にかかるほど進行して眼内に光が入りづらくなると、視機能低下の原因となり治療が必要となります。後発白内障と同様に有効な予防方法はありません。
② 治療
 レーザーを用いて小さくなった切開窓に切り込み入れ、小さくなった窓を拡大させます。この治療も痛みは無く、外来での治療が可能ですが、程度が強く、レーザーで拡大できない場合は手術が必要になることもあります。まれに術後炎症、眼圧上昇などをきたすことがありますので、治療後、異常がある場合にはやはり担当医に相談しましょう。
 
日本白内障学会
〒468-0063 愛知県名古屋市天白区音聞山1013(有)ヒズ・ブレイン内
TEL:052-836-3511 FAX:052-836-3510
Copyright© 日本白内障学会 All rights reserved.