HOME > 一般の方へ > 白内障の手術適応と手術方法
白内障の手術適応と手術方法
Q:いつ白内障手術をすれば良いのでしょうか?
白内障が進行すると、かすんだり、まぶしくなったり、物がだぶって見えたり(複視)、視力が低下したりします。視力がいくつ以上落ちたら手術を行うなどの基準はありません。目を使う仕事をされている方は、少しの白内障でも仕事や生活に支障をきたすこともあります。日常生活に不便を感じたときは、白内障手術によって見え方が改善する可能性がありますので、眼科医に相談してみましょう。
Q:白内障手術はどのように行うのですか?
白内障は水晶体が濁ることによって生じているのですが、濁っているのは水晶体の中の部分です。水晶体周囲の薄透明のセロファン状の皮(水晶体嚢)を残して、水晶体の前側の部分に小さい穴をあけ、中の濁っている白内障を特殊な機械(超音波乳化吸引器)で破砕し、吸引します。すると、白内障がなくなるのですが、代わりのレンズが必要になるので、人工水晶体を水晶体嚢の中に挿入します。現在は様々な技術が進歩し、2〜3mmの小さい傷から白内障手術が行えるようになっています。
水晶体の構造
白内障は透明な水晶体嚢の中側が混濁する現象です。白内障手術を行う時は水晶体嚢前面に5-6mmの丸い孔をあけます。
超音波乳化吸引術
水晶体嚢を残し、中の混濁している部分のみ超音波乳化吸引器で破砕吸引します。
眼内レンズの固定
白内障がなくなるとレンズがなくなりピントが合わなくなってしまうので、代わりの人工水晶体を入れます。
その結果見え方を障害していた水晶体がきれいになるので、良く見えるようになるわけです。ただし、緑内障や網膜の病気がある時は視力が改善しないこともあります。詳しくは担当眼科医に相談してみましょう。
日本白内障学会
〒468-0063 愛知県名古屋市天白区音聞山1013(有)ヒズ・ブレイン内
TEL:052-836-3511 FAX:052-836-3510
Copyright© 日本白内障学会 All rights reserved.