HOME > 活動内容 > 前嚢収縮・後発白内障の発症機序と予防方法の解明
前嚢収縮・後発白内障の発症機序と予防方法の解明
 白内障手術によってほとんどの患者さんが視機能を改善することが出来ますが、術後しばらくすると前嚢収縮や後発白内障などの術後合併症が生じることがあります。発生した場合の治療方法はありますが、獲得した視機能を出来るだけ長く保つために、これらの合併症を抑制するプロジェクトが進んでいます。
前嚢収縮
 前嚢収縮は術後6カ月までの早期に生じやすいことが知られています。サイトカイン放出や上皮間葉系移行による線維芽細胞の出現、細胞外機質コラーゲンの産生は術後早期に亢進するためと考えられています。落屑症候群、ぶどう膜炎、糖尿病、高度近視、硝子体術後などでは前嚢収縮が進行し易いことがわかっています。
後発白内障
 後発白内障は術後早期に発生する前嚢収縮同様に上皮間葉系移行が原因である線維性混濁と、術後晩期に発生し、水晶体嚢内に残存した水晶体上皮細胞が再増殖することが原因であるゼンメリング輪状白内障、エルシュニッヒ真珠などに分けられます。糖尿病網膜症、ぶどう膜炎、アトピー白内障、落屑症候群、網膜色素変性、高度近視で後発白内障が発生しやすいことが白内障診療ガイドラインで報告されています。
 眼内レンズ光学部エッジ形状が鋭利であることが後発白内障の発生予防に有効であることは良く知られていて、現在市販されている眼内レンズに応用されていますが、完全な抑制はまだ出来ていません。
 
日本白内障学会
〒468-0063 愛知県名古屋市天白区音聞山1013(有)ヒズ・ブレイン内
TEL:052-836-3511 FAX:052-836-3510
Copyright© 日本白内障学会 All rights reserved.